ルーナ(LUNA)は副作用も大丈夫?バストアップサプリの安全性検証

2つのサプリ

バストアップサプリ副作用問題

バストアップサプリは、小ぶりな胸に悩む女性たちのあいだで、
大人気となっていますが、先日気になるニュースが飛び込んできました。

http://www.sankei.com/life/news/170713/lif1707130042-n1.html(産経ニュース)

バストアップサプリを服用している女性に、
副作用のような症状が出てしまったというのです。

過去5年で209件ということで、結構多いですよね。
見過ごせない数ではありません。

具体的には、月経不順、湿疹などの症状が出たとのことです。

国民生活センターの調査によると、
サプリメントに含まれる女性ホルモンと同様の作用のある、
プエラリア・ミリフィカ抽出エキスなどが、
ひとつの大きな原因ではないかと推測されるとのことです。

ルーナ(LUNA)も人気のあるバストアップサプリですが、
そのあたりは大丈夫なのでしょうか…

とても大切なことなので、調査してみました。

ルーナ(LUNA)の副作用は大丈夫?

そもそも何で副作用が出るの?

ルーナ(LUNA)などバストアップサプリにおいて、
副作用のような症状が出てしまう原因は大きく分けて3つあります。

①適量以上の量を摂取した
②飲む時期に問題があった
③たまたまサプリメントと身体が合わなかった

まず、①についてですが…
バストアップサプリを飲んでより魅力的な女性になろうと思っている方なら、
ついついサプリを飲みすぎしてしまうということがあるようです。

DEBU戦隊ピンク
気持ちは分かりますよね^^;
ただ女性ホルモンに作用する訳ですから守らなきゃだめですね。

また、②飲む時期に問題があったというのも大きな要因となっているようです。

女性にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。
女性は生理の周期によって、ホルモンバランスが異なるのです。

今回主に問題となっている、
プエラリア・ミリフィカなどのエストロゲン作用のある成分を含んだサプリは、
主に卵胞ホルモンが活発な卵胞期に摂取すると副作用は起こりにくくなります。

そして、最後の③については、
とくにバストアップサプリに限らないことですが、
それぞれ人によって体になにか合わないということってありますよね?

副作用まで出なくても身体に負担がかかってしまうことがあるので、
摂取は控えるようにしましょう。

ルーナ(LUNA)の副作用対策

女性の身体の周期に合わせた2つのサプリメント

女性のホルモンバランスを崩さず、
最大限にバストアップをはかるために、
ルーナ(LUNA)は卵胞期と黄体期の2つの女性のホルモンバランス周期に応じて、
2つのサプリメントを用意しています。

バストが育ちやすい卵胞期には、
女性らしさを作るエストロゲン作用のあるプエラリア系サプリを。

そして、
むくみやイライラなど心身ともに不安定な時が続く黄体期には、
プロゲステロン作用のあるワイルドヤムなどの成分を含んだサプリを。

バストを大きくするためのプエラリアだけを前面に推して、
ホルモンバランスを崩してしまう恐れのある他のサプリとは一線を画します。

安全性を第一に考えた摂取量

女性らしさを作ってくれるプエラリア・ミリフィカ。
しかし、それらを摂りすぎでしまうと、副作用が出てしまう恐れがあることは、
先に述べました。

ルーナ(LUNA)では、あえてプエラリアの量を100mgに調整しています。
100mgは女性が1日においてとっても良いプエラリアの量の最上値となります。

効果は最大限に考えつつ、何よりも安全性を大事にする。

ルーナはただただ効果を追い求めるのではなく、
女性の身体を考えた商品設計がなされています。

もちろん自分で過剰摂取してしまったりしたら元も子もないですが…
LUNA

ルーナ(LUNA)の副作用についてのまとめ

副作用は基本的に女性のホルモンバランスを無視して、
過剰なエストロゲン作用のあるサプリを摂取することでおきたようです。

その為、適量を適した時期に摂取することのできる、
ルーナ(LUNA)であれば、用量用法さえ守れば、
副作用は起こりにくいと言えます。

DEBU戦隊ピンク
実際、ルーナ(LUNA)についてはネットで検索する限り
副作用の報告もなさそうです。

副作用が怖いという方はいましたが。。。 

副作用対策については、
ルーナ(LUNA)の公式オンラインにもしっかりと
詳しい説明があるので、興味があればそちらも読んでみてください。
公式ボタン8

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ