お風呂でダイエットする方法とは?食事後の入浴は危険?時間はどれぐらい?

お風呂ダイエットとは?

お風呂ダイエットって聞いたことありますか?

女性はお風呂をリラックスタイムとして捉えている方も多いと思います。

リラックスするついでに、ダイエット効果が得られるとしたら嬉しいですよね♪

実は、お風呂の水圧などを上手く利用すると本当に効果があるんです。

なんで効果が得られるのか?

どのように入れば効果的なのか?

などなど、今回はお風呂ダイエットについてご紹介していきます♪

お風呂で痩せる理由とは?

マッサージ効果

シャワーを浴びたり、湯船につかっている際に身体にかかる水圧はマッサージと似た効果があります。

この水圧を利用して、リンパ液の滞りを解消する効果を得ることが出来ます。

これにより体内に老廃物を溜まりにくくすることが可能となるのです。

デトックス効果

お風呂に入ることにより、腎臓に送られる血液の量が増えて働きが活性化します。

腎臓を正しく機能させることにより、老廃物を体外へと排出するデトックス機能を効率化。

デトックス作用で、浮腫みの解消にも繋がります。

代謝アップ効果

新陳代謝を活発化させるには血液循環を良くすることが重要。

お風呂に入ると、体温が上がることにより血液循環が良くなります。

これにより老廃物の排出を促す効果を得ることが出来ます。

更に、酸素の供給量もアップ!

脂肪燃焼効果も上がるので、痩せやすい身体へと導いてくれます。

お風呂は痩せるだけじゃない?

肩こりの緩和

お風呂に浸かって身体を温めてあげると、血管が拡張され血行が良くなります。

血行不全が原因で肩こりが起こっている場合、お風呂に入ることにより症状が緩和されることも。

首回りまで凝ってしまっている人は、首までしっかりと浸かることで効果を得やすくなります。

冷え性の改善

多くの女性が悩まされている冷え性も、入浴によって改善される事があります。

冷え性を改善するためには身体の芯までじっくりと温めていく必要があります。

入浴剤などと組み合わせる事で効果を高めることも可能です。

お風呂ダイエットのポイント

入浴前には水分補給を忘れずに

入浴中は発汗により、水分が身体から失われやすいです。

水分が失われると血液がドロドロになってしまうので、入浴前の水分補給は必須です。

コップ1杯分のお水を飲むだけで十分なので、忘れずに補給しておきましょう。

肩まで浸かる

最近は全身浴より半身浴の方が流行していますが、まずは肩まで浸かるようにしましょう。

全身浴をすることにより、脈拍数が増えて血液循環が良くなります。

半身浴が好きな方も最初だけは全身浴にしておくのがオススメです。

40℃前後で15分を目安に浸かる

バスタブに浸かっている時間は15分を目安に、温度は40℃前後を目安にして浸かるようにしましょう。

女性であれば入浴が苦痛という人は少ないでしょうが、苦手な人も最低10分は浸かっているのがオススメです。

どうしても時間がない場合は、短い入浴でもOKです。

全く浸からないよりは、効果が期待できます。

朝より夜が効果的

朝風呂派という方もいらっしゃるかと思いますが、ダイエット効果を高めたいのであれば夜の入浴がベスト。

お風呂に入ることにより、体温が上昇して血管が開き、スムーズに体温が下がっていきます。

これにより睡眠の質がグーンと上がり、睡眠開始3時間のホルモン分泌が上がると言われています。

睡眠の質に悩んでいる人で、朝しかお風呂に入らない!という方は夜風呂にすることで悩み解消にも繋がるかもしれません。

食後30分以上は空ける

お風呂に入る際は、食後30分ほど時間を空けるようにしましょう。

食後すぐの身体は胃や腸に血液が集まっている状態で、消化不良に繋がる原因とも言われます。

場合によっては、胃腸の働きが悪くなり吐き気を催してしまう事もあります。

最低30分、理想は1時間から1時間半は空けて入浴することを心がけましょう。

お風呂上がりのケアを忘れずに

お風呂上りはリラックスしたいところではありますが、あと少し頑張りましょう(笑)

汗をかいて水分が不足している状態のお肌をしっかりケアしないと、痩せてもお肌がボロボロに…

なんてことにもなってしまいます…

フェイスマスク

お風呂から上がると、お肌も水分が不足した状態になります。

乾燥を食い止めるためにもお風呂上りのフェイスパックは迅速に行う事を心がけましょう。

フェイスパックをしない場合でも、保湿は必須です。

ボディクリーム

お顔のケアが終わったら次にボディケアを行いましょう。

ボディクリームを塗る際は、リンパを意識して塗ると効果的です。

乾燥しやすい部分の保湿は欠かさずに行うことをオススメします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

お風呂ダイエットの効果をより高めるアイテムや、より効果的な入浴方法については別ページにてご覧いただけます。

普段何気なく入っているお風呂を有効活用し、理想の体型へと近付いてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ