ダイエット中にお酒を飲むのはOK?ビールが太る理由と痩せる理由とは?

ビールは太らない?

一昔前まではビールは太ると言われていました。

お腹が出ている人が“ビールっ腹”と言われることなんかもありますよね(笑)

そもそもビールが太ると言われる理由はどこにあるのでしょうか?

糖質を多く含んでいる

ビールが太ると言われる最大の理由は、糖質を多く含んでいることにあります。

ビールのジョッキ1杯で約200kcalとも言われ、お茶碗1杯分のご飯に相当します。

糖質を摂取しすぎると太る原因となってしまうことから、ビール=太るという風に言われているわけですね。

 

食欲が増す

実は、ビールには胃酸を分泌して食用を増進する効果があるんです。

その結果として、気付いたら食べ過ぎ&飲み過ぎによって太ってしまうなんて事もよくある話です。

お酒を飲むとご飯の量が減るイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、ビールは例外です。

ビールを活用してダイエットも可能?

太りやすいと言われているビールですが、適量を飲むことによってダイエット効果を発揮する効果もあります。

脂肪燃焼

ビールには、ビタミンB2が含まれているため、脂肪をエネルギーへ変換させる作用があります。

更にビールのカロリーは“エンプティカロリー”と呼ばれ、蓄積されづらいという特徴があります。

便秘解消効果

ご存知の通りビールには炭酸が含まれています。

炭酸には胃腸を活発にする効果があり、腸の動きをよくすることにより便秘解消効果が期待できます。

便秘解消によって、ダイエット効果を促進してくれるということですね。

ビールは結局太る?痩せる?

ビールは太りやすいとも言われますが、最近ではビールダイエットなんて言葉もあります。

結局のところ太るのか?痩せるのか?

結論としては、どちらとも言えます。

というのも、飲む量やオツマミによって太ることもあれば、痩せることもあるからです。

ビールで太りたくない、痩せたい!という方は多くても500ml×2本までに抑えるようにしましょう。

最近では、糖質やプリン体カットのビールも多く出回っていますので積極的に活用するのも良いでしょう。

お酒を飲んでも太りにくくするポイント

ここからは、ビールに限らずお酒を飲む際に注意したい点をご紹介します。

休肝日を作る

お酒は適度に飲めば身体に良い効果をもたらしてくれますが、やはり飲み過ぎは毒です。

お酒を飲む人に多い脂肪肝は、肝臓の内臓脂肪とも言えます。

人にもよりますが、一般的に女性は男性と比べて肝臓の大きさが小さく、解毒能力も低いです。

アルコール代謝も良くないので、1日飲んだら1日は休肝日を作らないと脂肪が溜まりやすくなります。

どうしても飲みたい場合は、糖質ゼロのお酒を選んで飲むようにすると良いでしょう。

合間にプチ食を加える

ダイエットのために、糖質の少ないお酒を選ぶことは基本中の基本。

ですが、糖質を全くとらないとアルコールの代謝システムが鈍る場合があります。

長時間に渡りお酒を飲み続ける場合は、途中でオツマミなど糖質(炭水化物)を摂取しましょう。

これにより、アルコール代謝の促進に繋がります。

もちろん炭水化物を食べ過ぎてしまっては、逆効果なので一口食べる程度に留めておくことが重要です。

お酒を翌日に残さないためには?

太らないように気を付けて飲んでも、翌朝むくんでいることってありますよね?

むくんでいると、太って見える上にテンションも下がってしまい…

ダイエットのモチベーション低下にも繋がってしまいますよね。

翌朝にむくみを残さないためには、利尿作用のある飲み物をたっぷりと飲んでおくと良いです。

・緑茶
・ウーロン茶
・ミネラルウォーター

これらの飲み物は利尿作用がある上に、どこにでも置いてあるので積極的に飲むと良いでしょう。

肝臓に負担を掛けない飲み方

短時間で急激に血液中のアルコール濃度が高くなると、肝臓がフル稼働状態になります。

解毒するためにフル稼働するわけですが、これは肝臓に大きな負担をかける事になります。

お酒が強いからと言っても、一気飲みなどをするのは極力避けましょう。

大豆食品はアルコールの代謝を良くする作用があるので、オツマミなどで一緒に食べることもオススメします。

オツマミは何を選ぶのが良い?

お酒の席に欠かせないオツマミ。

アルコールのカロリーは優先的に消費されます。

そのため、オツマミで摂取したカロリーは消費されずに脂肪になってしまいやすいです。

ダイエット中のオツマミ選びは重要ですよ♪

太りやすいオツマミ

・フライドポテト
・餃子、春巻き
・牛筋煮込み
・甘辛いみそを使用したオツマミ

どれも居酒屋で王道とも言えるオツマミばかりですので、要注意です(笑)

太りにくいオツマミ

・カルパッチョ
・焼き鳥(塩)
・バーニャカウダー
・唐揚げ
・豆腐
・枝豆

唐揚げは太りやすそうですが、衣が少ないものならOKです。

焼き鳥はタレを選ばずに、塩を選ぶようにしましょう。

豆腐や枝豆はタンパク質が豊富なので、そもそもでダイエットには打ってつけの食べ物です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

“百薬の長”とも言われるお酒も、適量が大切という事です。

飲み方や飲む量、オツマミの選び方だけでもダイエット効果に大きく差が出てしまいます。

肝臓の大きさや体質にもよるので、一概には言えませんが飲み過ぎて良いことはありません。

楽しい・美味しいからと言って飲み過ぎないように注意して、ダイエットを成功させましょう♪

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ