ダイエットには有酸素・無酸素運動どちらが効果的?食前・食後どっちが良い?

有酸素運動と無酸素運動の比較

有酸素運動

体脂肪も燃やすという観点で、ダイエットに効果的な運動とされています。

有酸素運動は、ウォーキング・ジョギング・エアロビクス・エアロバイクなどが該当します。

酸素をエネルギー源として脂肪を燃焼させる効果のある運動です。

無酸素運動

基礎代謝量を増やすという観点で、ダイエットに効果的な運動とされています。

無酸素運動は、短距離走や筋力トレーニングなどが該当します。

酸素を必要としない運動なので、短時間しかできない反面、筋肉を鍛えることができる運動です。

ダイエットに有効なのはどっち?

ダイエットには、有酸素運動と無酸素運動どちらが向いているのでしょうか?

一般的にダイエットには有酸素運動が良い!と聞くことが多いと思います。

これは間違いではありませんが…

ダイエットは、有酸素運動と無酸素運動の両方を取り入れると、より効率良く行うことが出来ます。

なぜかというと…

・体脂肪を燃やす効果=有酸素運動

・基礎代謝量を増やす効果=無酸素運動

というように、それぞれで役回りが違ってくるからです。

有酸素運動のポイント

20分以上続ける

有酸素運動を行う際に注意したいのは“時間”です。

なぜかというと、20分を境に使われる脂肪の種類が変わってくるから。

血中の脂肪は、“20分以内”に使われ血液をサラサラな状態へと変化させてくれます。

内臓と皮下脂肪は、“20分後”から使われるようになります。

脂肪を減らすために有効な内臓と皮下脂肪を使うには“20分以上”続ける必要があるのです。

有酸素運動を行う際には、30分を目安に行うようにしましょう。

毎日行う

有酸素運動は、毎日行うことで効果が高まります。

逆に言えば、毎日行わないと効果が下がってしまいます…

3日おきに行うと効果が50%まで下がってしまうとも言われています。

習慣になるまでは大変かもしれませんが、毎日やることが効果を最大限に高めてくれるポイントです。

無理をしない

脂肪を効率よく燃焼させるためには、酸素がある状態で運動を続けることが大切です。

走る速度を上げるなどして、無理して頑張ってしまうと酸素が不足して無酸素運動状態になってしまいます。

有酸素運動を行う際には、無理なく自分のペースで行うことがポイントです。

いつ行うのが効果的?

有酸素運動を行う場合、最も効果的に脂肪を燃やせるのはいつなのか?

答えは“食前”です。

食前は、体内における当分の血中濃度が低いため脂肪がエネルギーとして使われやすいのです。

ただし、無理をすると貧血やめまいなどを引き起こすリスクがあるので気を付ける必要があります。

無酸素運動のポイント

基礎代謝量を増やす

無酸素運動のポイントは、基礎代謝量を増やすことにあります。

基礎代謝とは、生きていくために必要な最小のエネルギーですが人によって異なります。

痩せやすい人は基礎代謝量が多く、痩せにくい人は基礎代謝量が少ない場合が多いです。

基礎代謝を増やす筋肉をつけるためには、筋トレなどの無酸素運動も必要となってくるのです。

リバウンドしづらい

ダイエットに無酸素運動を取り入れることのメリットは、リバウンドのしづらさにあります。

無酸素運動によってダイエットすることに成功した場合、基礎代謝が上がっている可能性が高いです。

そのため、ダイエット前と同じような生活をしていた場合でも太りにくくなっていることが多く、リバウンドの心配が少なくなります。

週に2,3日でOK

無酸素運動によって分泌される成長ホルモン効果は48時間継続すると言われています。

そのため無酸素運動は、週に2,3日取り入れれば十分な効果を得ることが可能です。

筋肉の成長には休息も必要となってきますので、過剰なトレーニングは逆効果の要因にもなります。

しっかりとペースを守って取り組むようにしましょう。

有酸素運動と無酸素運動の組み合わせ

有酸素運動と無酸素運動の順番

一昔前までは、有酸素運動から無酸素運動の順番が有効とされてきましたが…

最近は、無酸素運動から有酸素運動を推奨するトレーナーさんが増えているようです。

①無酸素運動で成長ホルモンを分泌させる
②脂肪が燃えやすい状態になる
③有酸素運動をして一気に脂肪燃焼を促す

有酸素運動で脂肪を燃やす前に、無酸素運動でより脂肪が燃えやすい状態にセットしてしまおうということです。

一生懸命運動をしていても、順番でダイエット効果が変わってしまってはもったいないですよね…

順番を守って、より効率よくダイエットしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ダイエットに置いて重要な有酸素運動と無酸素運動。

それぞれの特徴や効果を理解した上で取り組むことによりダイエット効果にも差が出てきます。

有酸素運動と無酸素運動を効率よく取り入れて理想のボディをゲットしちゃいましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ