薬用美白オイル(bihaku)の効果は本当なの?口コミや成分はどうなってる?

薬用美白オイルとは?

薬用美白オイルは、1本で4役をこなしてくれる新発想のオイルケア商品です。

・導入
・美白
・うるおい
・ハリ

これ1本でこれだけのケアを完了してくれる優れものです。

最近では、インスタグラムなどSNSでもよく見かけるようになりましたね。

今回は、薬用美白オイルの口コミや成分をチェックしていきたいと思います♪

薬用美白オイルはこんな人にオススメ

薬用美白オイルは、このような方にオススメです。

・導入効果が欲しい
→洗顔後に使用することで、ダイレクトに肌に働きかけてくれます。

・保湿効果を高めたい
→2種類のコラーゲン配合で、乾燥を防ぎ肌にハリとツヤをもたらしてくれます。

・美白成分が欲しい
→油溶性ビタミンCという美白成分がメラニンの生成を抑え、美白効果をもたらしてくれます。

薬用美白オイルの成分

2種類の植物オイル

薬用美白オイルは、浸透力にこだわって作られている商品。

植物由来のオイルが人に似た性質をもっていることに着目し、2種類の植物由来オイルが配合されています。

圧倒的な浸透力と馴染みの良さを実現し、美容成分の効果を最大限まで引き出してくれます。

2種類のコラーゲン

薬用美白オイルは、水溶性と加水分解の2種類のコラーゲンを配合しています。

高分子である水溶性と低分子である加水分解のコラーゲンを配合していることにより、浸透力を高め美肌効果を最大限に引き出してくれます。

3種類のエキス

薬用美白オイルは、3種類の花から抽出した美容エキスが配合されています。

・ユリエキス
→色素沈着の予防に効果がある。

・ユキノシタエキス
→メラニン生成を抑制する効果がある。

・ゲットウ葉エキス
→メラニンの生成を抑制する効果がある。

この3種類のエキスが、シミやソバカスを予防したり、美白効果を高めてくれます。

油溶性ビタミンC

油溶性の物質と結合させることによって、浸透性を高めたビタミンC誘導体。

この油溶性ビタミンCは、黒色メラニンに効果を発揮する成分です。

沈着したメラニンを白色にしたり、活性酸素を除去する効果もあります。

水溶性と違い、効果が長続きしないなどの心配がないのも特徴です。

薬用美白オイルの口コミ

評価が低い口コミ

K・Mさん(23才)『減りが早い』

K・Mさん
洗顔後にダイレクトで使用できる美白ケア化粧品。

2週間ほど使用しましたが、シミが減ったというところまで効果は出ていません。

即効性というより、肌のターンオーバーとともに効果を生み出すタイプなのかなという感じです。

1~2滴が適量とありますが、私的にはこの量だと少ないかなという印象がありますね。

それゆえ減りも早いのがネックですね…

評価が高い口コミ

Y・Tさん(35才)『シミやそばかすに効果あり』

Y・Tさん
無色という名でサラッとしたテクスチャー。ほのかに香るオレンジの香りが良い感じで、使い心地は◎です。

使い方は、洗顔後のスキンケアをする前に1.2敵を顔全体に馴染ませるだけ。

伸びが良いオイルのようで、少量でも十分でした。

べたつかないし、テカリなどの心配も全くありません。

メラニン生成を抑える成分が配合されているため、シミやそばかすの予防もできますし、化粧水などの浸透力も格段にアップしますね。

使い始めてから、肌のごわつきや乾燥が改善されましたし、しっかり効果を体感できる商品です。

M・Sさん(25才)『朝にはピッタリ』

M・Sさん
浸透が早いので、忙しい朝にはピッタリのオイルだと思います。

伸びが良く香りも爽やかで心地よさを感じることも出来ますね。

使用して1か月が経ちますが、肌のトーンもアップしてきました。

これ1本で保湿までできてしまうところも有難いです。

肌の透明感で悩んでいる方には本当にオススメですよ♪

もち肌と美白の強い味方になってくれます。

薬用美白オイルのまとめ

いかがだったでしょうか?

薬用美白オイルは口コミも上々で、しっかりとした成分が配合されているので高い効果に期待できるようですね。

導入+美白+ハリ+うるおいという4つの効果を1個で得られる商品というのも魅力的なポイントですね♪

特に、乾燥肌で悩みを抱えているという人にはオススメ出来る商品です。

薬用美白オイルは初回限定73%オフで購入可能?

薬用美白オイルは、公式サイト限定で73%オフの990円で購入することが出来ます。

公式ボタン8

定期コース限定ですが、お届け日の変更や休止も可能なので安心です♪

1か月ほど使用して効果を体感できない場合は、すぐに解約してしまえばOKです。

ぜひ、この機会に試してみてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ